FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かさには豊かさがある - 北海道の「エコじゃない」暖房使用法

北海道の人は、暖房をガンガンにかけながら冬を越します。
節電が叫ばれて久しいこの時代に逆行していますが、僕はこれが日本中に広がればいいと思います。
僕が地元、札幌を出てから一年半になりますが、去年初めて関東で迎える冬は人生で一番寒い冬でした。
暖房設備がしょぼいです。それだけでなく、暖房の設定温度が低すぎるのです。
僕には未だにこんな暖房の使い方をする意味が分かりません。もっとガンガンかければいいのに。

そもそも人間って冬は気持ちが落ち込みがちなものです。
それは、気温が下がるからであり、日照時間が減るからです。
だから、冬が嫌いな日本人は多いですし、南国が好きな日本人も多いです。

太陽が沈むのが早くなり、外に出るにはコートが必要になり、なんだか身も心も寂しくなる。
冬は、夏と同じようにはしゃぐのは無理なんだろうな……

という考え方は大きな間違いです。
こんな冬のイメージを脱却するために、「暖房をガンガンかけること」をおすすめします。

北海道の人は、言うまでもなく、日本で一番寒い冬を乗り越えねばなりません。
そんな試練の中から生まれた冬を越すためのライフハックこそが暖房をガンガンかけることです。
真冬の札幌の街の外気温はマイナス10℃くらいになりますが、屋内は26℃くらいであることが多いように思います。
外に出るときはコートを着ますが、室内では半袖で過ごせます。

外は極寒だけど、内は南国

この気持ちこそが道民の心の支えであり、冬を楽しく越す方法です。
家の中が南国であればこそ、

冬だからってうつむいてなどいられるものか!今日も一日がんばろう!


という気持ちがわいてきます。
家の中の気温が高ければ、心の炎も消えません。常に夏と同じだけ、体に熱量をもって暮らせます。

それに比べて関東はどうでしょう。
外は冷たい風が吹いて歩くのが辛いなぁ…という気温。
部屋の中に入れば寒さはましになりますが、「なんだか冬は嫌だなぁ」という気持ちは消えないまま。

北海道の人は、暖房を「暖かさを感じる」ために使い、関東の人は「寒さを退ける」ために使います。

人間として「不快でなく」暮らすためには、この関東式の使い方で十分でしょう。
しかし、冬を「豊かに」暮らすためには、北海道式の使い方が必要なのです。

「うわあ!暖かい!」という気持ちが人々に活力を与えます。
屋内が、「魂に熱を入れる場所」であってくれれば、ずっと冬は豊かなものになります。

「冬期うつ病」なる病までが叫ばれる昨今、冬の憂鬱を一撃で吹き飛ばす「北の民のライフハック」を、是非とも日本人すべてが身に着けてほしいと切に願います。
あなたも是非、来る冬は「暖房の設定温度を4℃高く」してみましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken-hori

Author:ken-hori
現在慶應義塾大学3年生。理系。情報系。
ニュースから趣味のことまで、あらゆることについて考えて自分なりに結論を出します。
漫画と南国とお酒が大好きです。
今のマイブームはプロジェクトXを見ること。

ご意見などありましたら気軽にコメント・連絡お願いします。
相互リンクも募集中です。

ツイッター: @kenhori2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。