FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の終わり」の美しさについて

「明日、世界は終わるかもしれない」というシチュエーションのフィクションが大好きです。
「世界の終わり」というモチーフがこんなにも魅力的な理由を考えてみます。
フレディ・マーキュリーの曲で、love me like there's no tomorrow というタイトルのものがあります。
日本語訳は、「まるで明日なんて無いみたいに愛して」といった感じでしょうか。
このタイトルに僕はものすごくグッときます。
「明日がない」っていうことがとても甘美に感じられるのです。
この逆説的な感覚はどこから来るのでしょうか。


理由① 未来の展望という打算から逃れられる

基本的に、「明日」というのは希望の光です。
だから明日が来るっていうのはとても喜ばしいことなんですけど、希望を抱くがゆえに「明日をもっと良くしたい!」という発想が誰にでもあるわけです。
だから、「今日のためにすべてを投げ出す」ってことはあんまりできない。できるとしたら、「明日がない」ときでしょう。
じゃあ「明日がない状況」を現実的に考えると、それって死ぬ前日ってことです。平和な世の中で病死していくとすると、もうボロボロです。死にかけ。
誰かを愛してる場合じゃないです。死にかけだから。

死にかけでなく、明日がない状態を実現するもの、それが「世界の終わり」です。
それもただ明日がないんじゃありません。全員に等しく明日がないのです。
あなたにも、あなたの愛する人にも、明日がない。
この状態になって初めて、誰もが未来への打算から解放されます。
ヤンキー漫画なんかでありがちな熱い展開として、「明日のことなんて知ったこっちゃねえよ」と自分の魂を貫く話がありますが、全員がこの状態です。
人が真摯に自分の心にだけ向き合える。途方もなく美しい世界ではないでしょうか。


理由② 欲望から解放される
まあこれも基本的に①と同じなんですけど、もう世界が終わるって考えると欲望がなくなると思うんです。

一日やそこら寝なくても食事しなくても死にません。食欲も睡眠欲も必要ないです。
もちろん仕事のことも考えなくて良いし、人間関係に煩わされることもないでしょう。
世界の終わりに直面したら、きっと世界は静かになると思います。

そして、何より大きいのは生殖の必要ももうありません。つまり原理的に性欲が必要ないのです。
それでも人が愛する人と過ごすのを選ぶのであれば、それはもはや性欲とは無関係です。
一切の欲望からも打算からも切り離されて、静かな世界の淵で二人で過ごす。
かくも美しい愛が他にあるでしょうか。
僕はこの美しい光景のことを「世界の終わりで二人きり」と呼んでいます。


理由③ 大きな絶望を共有できる

「絶望は甘美だ」というような文章は使い古されていますが、まさにそれです。
昔から心中する様子を描く文学ってたくさんありますが、その理由はこの「甘美な絶望」にあると思います。

絶望感がある一定量を超えて、それをともに享受する人がいたとき、途方もない甘美な時間がやってくるようです。
もがき、苦しみ、嘆くといった段階を超えてしまえば、ただ静かに終わりゆく世界を眺めるしかありません。
そこには絶望と、愛する人とともに死ねるという喜びが同居します。
この人と一緒に散っていこうという「諦め」の中で、ある種の気だるさとともにゆったりと時間が流れていきます。
とても哀しく、とても優雅な時間です。



長くなりましたが、まとめると、

ただただ理性的な二人が、静まりかえった世界の淵で、何よりも甘美な時を過ごす。


ここに「世界の終わり」系フィクションの良さがあります。


最後にオススメの世界の終わり系を挙げて終わりたいと思います。
僕が愛してやまないゲーム「ロボティクスノーツ」のクライマックスの朝は素晴らしい「世界の終わり」感でした。
このゲームはあちこちで酷評されていますが、とても面白かったのでぜひ皆さんにやっていただきたいと思います。
個人的には同シリーズのゲーム「シュタインズゲート」よりも上だったと確信しております。

「世界の終わり系」というジャンルが一般に広まることを願います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ken-hori

Author:ken-hori
現在慶應義塾大学3年生。理系。情報系。
ニュースから趣味のことまで、あらゆることについて考えて自分なりに結論を出します。
漫画と南国とお酒が大好きです。
今のマイブームはプロジェクトXを見ること。

ご意見などありましたら気軽にコメント・連絡お願いします。
相互リンクも募集中です。

ツイッター: @kenhori2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。